弁護士に処理してもらおう

男性弁護士

お金を借りたけども、なものか返済することができないこともあります。例えば、お金を借りた場合でも、会社を休まざるをえなくなったり、会社自体が倒産してしまった場合です。今の世の中、安定した仕事と呼ばれるものはほとんどありませんので、ある日突然仕事を失ってしまっても決して驚くべきではありません。ですが借金をしている場合には、毎月の返済額までに必要なお金を返済することができないことも考えられます。としてもし完全に職をしたってしまったような場合には、自己破産をせざるをえないでしょう。自己破産をする場合にはそれなりの手続きが必要になりますので、素人だけで行ってもなかなか結果を出すのは難しいです。この場合には、早い段階で弁護士に相談するのがよいかもしれません。名古屋では、自己破産に関して詳しい弁護士もたくさんいます。当然弁護士に依頼する場合には、相談をする必要がありますが、この時には費用がかかりません。相談をするときに費用がかからないため、何回でも相談できそうですが、たいてい初回だけしかも30分だけは無料になり、それ以降はお金を払わなければならないシステムです。本格的に契約をするまでは正式なお金を払わなくてよいことが多いですが、2回目以降の相談をする場合は30分当たり\5000のお金が必要です。このように、状況に応じて相談だけでもお金が出ることがあるため、この点をよく理解しておきたいです。

どれぐらいの費用になるのか

悩む男性

名古屋で自己破産するといっても、どれぐらいの費用になるのか気になることが多いでしょう。基本的には、自己破産している人はまずお金が存在しないはずです。全くお金がない場合もありますが、多少は残っていることも考えられるでしょう。ですが7ケタ以上の金額が残っていることはほぼなく、たいていの場合は返済しようともっても返済できないお金になります。例えば、生活する時の費用気などは、返済したくても返済することができますか。このように考えれば、自己破産をした場合でも本人はいくらかお金を持っている可能性があります。このお金を守るために、弁護士に相談してみるのが一番安心できます。弁護士に相談する場合は、着手金と成功報酬が必要ですが、着手金と成功報酬は、自己破産をする場合にはおよそ20万円から30万円ぐらいは必要になるところです。それだけのお金を払うのは大変かもしれませんが、実際には依頼者側の収入の一部が弁護士に対する報酬になるように自動的に計算されていますので、そこまで大きな負担になることはないでしょう。

広告募集中